2017/08

<< August 2017 | 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>


LATEST ENTRIES

 

LINKS

 

CATEGORIES



 

ぼくの世界のさかさまの向こうがわ

Sorry, English version is below Japanese part for this time↓

逆さまから見ても、世界は変わらない。
そう、河童が言ったときに、私の方向性は決まったのだと思いました。人のことはわかっても、自分のことはわからないものです。大学2年生のときに「かなしみ」という宿題が出ました。涙を流す絵を描いてきた生徒が多かった中、私はさかさまになって、世界を見ている絵を描きました。私にとっての「かなしみ」は、反対から世界を見ても、なにも変わらないことなんだと、はじめて気がついた瞬間でした。
芥川龍之介さんの「河童」はとても短いお話で、読み流してしまうような、ほんとうに、なにも起きないお話。主人公の男性が、河童の国に紛れこんでしまい、そこでなんの変哲もない生活を送るというものです。中学生のときに、それを読んだ私は、この世界に逃げ場所はないのだな、と思いました。なら自分で作るしかないかと思ったのが、制作の原点です。
思えば、芥川龍之介さんの作品は、私の人生において、要所要所で私に絶望を植えつけていきました。幼い頃に、子供人形劇場というNHKの番組で「蜘蛛の糸」を見たときも、この世には一糸の希望すら許されないのなら、きっとこの世は地獄なのだろうなと思いました。本来、あんな作品を子供に向けて放映してはいけないと思うのです。あれを見て「悪いことをしちゃだめなんだな」と、子供が思うだなんて思っている大人は、子供の感受性をなめすぎです。
芥川龍之介さんが、もうすこし長く生きていたら、もっと著書を読んでみたかったです。きっと悲しみの形が似ているのだと思ったから。多感な思春期の頃は、いつか歯車の音が聞こえだすのではないかと、おそるおそる生きていたように思います。

3年くらい前に、学研教育出版の編集さんからお話をいただいたとき、自分の絵本を出してしまったら、私の人生の目標がなくなってしまうのではないかと思い、しばらく、描きはじめることができずにいました。元より、文字と絵が好きな私です。おばあちゃんになるまでに、自分の絵本が出版できたら、きっと幸せな人生だろうと思っていました。とつぜん、願ってもないお話をいただけたこと、ほんとうに感謝しつつも、筆を手にとることがなかなかできませんでした。でも、構想はもう決まっていました。

最初に出す本は、私の世界のおはなし、私が生きてていい今日のこと。

ゴスロリみたいな人が描いてるのだと思った、と言われたのは最近ですが、編集さん曰く「や、意外と普通」な私が描く世界は、あまり普通ではなく写るようで、様々な感想をいただいてはじめて、たくさんのことを考えるようになりました。そもそも、イラストレーターになりたいと思った理由は、本という「所有できるアート」を愛していたからだと思います。本は山ほどもっていても、私が美術館に足を運んだのは、数えるほどしかありません。ニューヨークはギャラリーも多いし、美術館も充実してるから刺激的だよ、というテンプレのような解答も、そろそろやめてもいい頃かと思います。行ったら行ったで、感動もするし、感銘もうけるのですが、私は画集を買うために、足を運んでいるように思います。家でそれを眺めて、まったりするのが好きです。そのとき必要な音があるように、そのとき、その本を手にとった自分を、愛してあげたい気分にもなります。

絵本が出版されて、もしかしたら、今が歯車の音が聞こえるときなのかもしれないと考えました。
皮肉なもので、芥川自身は「ぼんやりとした不安」によって自殺したというのに、案外、人を死に追いやるのは、不安ではなく、安心なのではないかとも思えたからです。絵本が実際に出てみて、安心しました。もう大丈夫なんだ、というよくわからない安堵に、しばらく放心しました。
私は、なんというか、明るい人間なんですよね。正直、まわりの人たちにも恵まれて、よく笑うし、幸せいっぱいで。ただ、初対面の編集さんに「ふるしょうさんの暗さを全面に出してください」と言われたこの本です。スケッチを提出した段階で「もうすこし希望とかありますか?」とコメントをいただき、デザイナーさんから上がってきたデザイン案は、驚くほどまっくろで、大笑いしましたが。
そんなまっくろな本ですが、私的には、かなり前向きに、というか、私の「今日」のお話です。やだなあと思うことがあったり、お腹がいたくなるほど笑ったり、いろんなことを考えたりしながら、常に平行してある、私の世界のおはなしです。伝えたいことはありますか?とインタビューでも聞かれたけど、これは「本」なのです。読みたい人が、読みたいように読み、本棚にしまって、ほこりをかぶり、ふとした瞬間に思いだし、手にとる。それが、私にとっての正しい位置です。そうありたいと思って、書いた本です。

なにかが変わったのかと聞かれれば、いろいろな感想をいただいたことが、とても大きいです。難しい人が、難しい本だと言いました。明るい子が、思ったより明るかったと言い、かわいいと素直に感想くれる方も、ぴんと来ないと言う方もいました。こうやって私の世界は、様々な認識を以て、広がっていくのだなと思ったら、やっぱり本という「所有できるアート」を私は愛していました。いろんな人に向けて、いろんな国で、いろんな本を書きたいと思いました。目標は、ちっとも失われませんでした。
たくさんの人たちに支えられて、応援してもらって、いつもありがとうって思いながら、今までも、わがままに、やりたい放題やってきた私です。でも、もっともっとやりたいことができました。おばあちゃんになるまでに、私はきっと、たくさんの絵本を出します。子供からおじいちゃんまで、いろんな人に向けた絵本を書いて、全ての書籍を並べて、図書館のような展示をできたらいいなって思います。来年は、子供向けの絵本にとりかかろうと思っています。すごくすごく、たのしみです。

さかさまから見ても、世界は今日も変わらないけど、歯車の音は聞こえません。
これからニューヨークにもどります。

About my book "The Other Side of My World Up Side Down"
 

"The world won't change even when you see it up-side-down" When the Kappa said so, I realized there's no place to hide in this wold. 

People sometimes can understand the other people more than themselves. That was my sophomore year in my collage, I finally realized the shape of my "sadness" . The assignment I've got was "sadness" and I saw some people did the drawing of somebody crying. That was very natural for me to draw myself looking the world up-side-down. I was very sad to know the world won't change if I see it up-side-down.

"Kappa" written by Ryunosuke Akutagawa, is a very short story. "Kappa" is an ancient monster which live near the river, like between the frog and monkey, and eat cucumbers. The story itself is not so exciting. The man came into the Kappa land by accident and live there for a while. But when I read the Kappa saying so, I realized that there's no place to hide in this world because even the ancient monster felt like that way. So I guess, that was my starting point of my creation to make the world easier to live "for me".
When I think back of my life, I'm highly influenced by Ryunosuke Akutagawa and felt like he taught me the shape of the depression. In my childhood, I saw the "The spider's thread" puppet show on educational channel, I felt like I was going to the hell. If the God won't give us even a single spider thread of hope, I thought this world is just like a hell. If somebody in that educational channel believed that child easily think "oh, if I'm not a good boy, I will be going to hell. let's be nice", that's just so stupid. 
In my adolescence, I was very sensitive and was almost believed that I might hear the sound of gear soon. Sorry, "Spinning Gear" is one of Akutagawa's last novels. He committed suicide after he wrote it.

Almost three years ago, I got the email from my editor of Gakken Educational Publishing about making the children's book for adults. Becoming the children's book artist was my dream, so I was a bit scared of making my own book. I just couldn't imagine myself after I finished doing it. So I took this many years to make my own book, but the idea came to me so naturally. I already decided that my first book should be about my world. About the world I can live easily today. So this is how I came up to this "ovet the up-side-down world" idea for the book.
The good thing is I could hear the people's voice after my book published. I remember why I became the illustrator, not the artist. That was because I loved so much about "the art which everyone can have" meaning "book". You know almost every interviewer asks me "why do you live in New York?" and I always say "New York is very exciting city. There are so many galleries in Chelsea and I love going to the Museums too :)" That is true that I'm excited to going there for the art. But I feel like I go there for buying the catalogs. I love "having" my favorite art in my bookshelf. As you listen the music when you feel like it, I read the book like I need to.
So if I say something has changed, that was the big difference for me to know what people think about my book. The difficult person said that was a difficult book, positive person told me that was positive book, some said it's cute, and some said don't like it. I can feel my world is spreading to the reality as with the many people's thoughts. This is impressive. I again realized that I love the illustration as it is. I feel like I'm going to write the children's book as many as I can in all over the world and I will have the exhibition like library before I die. That's my next goal. I started to make new children's book. for this time, its' for children :)

The world won't change even if I see it up side down.
But I don't hear the sound of spinning gear.


That was a nice year like always. The next year should be good too.
Happy Holidays!


Happy Holidays to You All

That was a very nice year 2012,
like I feel that today was the best day.

My friend said that I have a very high ability of enjoying the life. 
yeah I guess he's right, I kinda feel the today is the best day everyday.
I really appreciate my life that I can feel something like that, every year.
too optimistic?

I like this taste of the air in my home town which is a bit quieter than usual.
feel like I can see the sight that I used to see there, when I was at the high school.
Tokyo is still there look sleepy, like it was always cloudy to me ten years ago. 
I'm not sure that I grew-up changed or no.
I just saw my breath melted in the air. 

This is rare that I'm in Japan for the new year.
I just like people say "wishing your good new year" when they say bye to me.
hope your holidays are nice as well.

btw, the random person asked me, 
"Oh Yoko, you are going to have the fancy count-down party in Roppongi (celeb area) right?"
Whaat? what kind of person who they think I am?!
I'm not a person who counts 100 with happily all together,
kiss-hug with strangers to celebrate the new year. sorry!
I rather wanna stay inside, watch "don't laugh tv", and count 5.

Happy Holidays!!





今日がとてもいい日だったみたいに、
今年もとてもいい年だった。

私は、人生をたのしむ能力に長けている、と言われました。
そうね、そうかも、わりと今日が、1番たのしい。
毎年そうやって、次の年を迎えるの、それって、すごい。

年末は、小さな町が、いつもよりも、もっと静かにひっそりで、
つめたい空気が、すぅっと体に入ってきて、
高校のときに見ていた東京の景色が、そこに見えている気になる。
はぁ、と吐いてみた息は白くて、
思い出せばいつもくもり空だった10年前の私の東京は、
今もそこで、眠そうにしてた。

ひさしぶりに、日本で年を越します。
若い人たちも、私たちも、年輩の方も、みんながね、
「よいお年を」と言っておうちに帰るのを見ると、
とても、あったかい気持ちになります。

そういえばね、大晦日は、
六本木でカウントダウンパーティとかなんですか?と、聞かれました。
え!私は、みんなで100から数えるとか、到底無理な人種ですが、
一体どんなイメージなんでしょう。
ぽかんとしてしまって、ガキつか派です、とは言えなかった...!悔やまれます。
とりあえず、5くらいは数えてみせましょう。

まあまあ、こんな私なので、
いつもどおり、ご迷惑をまきちらし、今年も大変お世話になりました。
どうぞ来年も、よろしくお願いいたします!!


to share the air on beautiful sunday

Those "what will be will be" stories have passed thorough the line I drew.

It's just kinda funny that not everything goes well like I planned.
Those "what will be" stories I captured at first,
easily turn around and run into the total different direction at the end.
People always call it as "timing" "coincidence" and "destiny" sometimes.
Feel like, somebody tricked me and laid a plot instead of my future vision I saw.

The biggest problem is that, the plot and the direction somebody adjusted,
is always "exactly right" for my life.
I'm not sure that "I" make it right or it just "becomes" right.
It warns me the problems in my dream like as the alert,
and try its best to make me give up my bad-graded plot.
what the hell

The excuse I say when the thing is not going well,
is always same as the reason I speak when it succeeded. 
So I bring a big pencil (as my height) and try to extend the line I drew,
to make my life as my life even just a little bit.

that's how I draw the line.


なるようにするべく敷いた伏線の横を、
なるようになるがすりぬけて行った。

それっていつも不思議に思うの。
思い描いた未来は、私にとって「正解」であるはずなのに、
それがほんとに「正解」でない場合、全然違う方向に走り出す。
おそらく人はそれを、タイミングとよび、偶然とよび、
ときに恥ずかしげもなく、運命とか言っちゃう。
なんていうか、知らないなにかの力で、人生が、自動で修正されてるみたいで。

困ったことに、修正された方向は、いつだって正しい。
それは「私」が正しかったことにしているのか、
正しく「なる」のかは、やっぱりよくわからないけど、
私が間違ったことをしているときにかぎって、
夢での警告は顕著だし、私の落第点の思惑を、全力で曲げにかかる。
なにそれ。

上手くいかないことの言い訳は、成功したときの内訳と、いつも同じ。
だから、その敷いた伏線を、大きな鉛筆で、横にのばすの。
すこしでもそれが、私の人生であるように。

線を描くよ。


The Rope Monster from the book I'm working now


はと



ホイットニーでハトのクッキーをがぶり。
おいしくいただきました。

at whitney museum.


となり



うちのランプ。
フリマで買ったんだけど、
かわいいのなんのって。
んふふ。

lamp that I bought at Hell's KItchen.